2008年01月22日

株安!まずは自分たちで努力する姿勢を見せて!

【スポンサードリンク】
それがしは、今回の株安の発端は米国に在りだと思っています。

しかし、閣僚が米国に注文をつける前に、自分たちでも何らかの対策を講じる必要を感じます。


引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080122-00000955-san-bus_all

 平均株価が22日、1万3000円を大きく割り込んだことで、閣僚からは米国の経済政策に対する批判や注文が相次いだ。株安が続けば、日本も経済対策を迫られる可能性が出てきそうだ。
 「(株安の)基本は米国発。日本で対策を講ずることは難しい」。大田弘子経済財政担当相は同日の閣議後会見でこう指摘した。甘利明経済産業相も「金融不安に発展しないよう米国が毅然とした態度を取るべきだ」と米国に注文をつけた。
 一方、渡辺喜美金融担当相は「マクロ政策で日本が打てるのは金融政策だけ」と述べ、日銀に政策転換を促した。
 来月9日には東京で先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)が開かれ、世界同時株安も議論されるのは必至。G7がどこまで協調態勢を示せるかが焦点となる。



確かに、米国発の株安なんだろうけど

政府としては、自分たちで何らかの対策を講じて、米国にも注文をつけるという姿勢が欲しいですね。


「米国発の株安だから、日本政府に責任はない」って感じのコメントに情けない印象を受けた。


外国の事情に振り回されずに、自分たちの力で自国の国益、国民の生命・財産を守ろうという気概が欲しいものです。



他人のせいにして、己の不甲斐無さに気付かないような政府ではイカンと思います。



まずは、自分たちで可能な限り対策をする姿勢だけでも見せて欲しいと感じました。


>「(株安の)基本は米国発。日本で対策を講ずることは難しい」。

こんな不甲斐無いコメントを発表するような経済財政担当相には

「本気でやる気はあるのか(怒)」って渇を入れたいですね。


posted by 平成侍見習 at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2007年12月11日

橋下徹弁護士が府知事になったら・・・

【スポンサードリンク】
橋下徹弁護士が、大阪府知事選に出馬するらしい。

かなり否定していたようだが・・・・


結果的に出馬ですか。


引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071211-00000950-san-pol

来年1月に行われる大阪府知事選に、弁護士でタレントの橋下徹弁護士(38)が出馬することを決めた。あす12日に会見を予定しており、この場で正式に出馬表明するとみられる。

 橋下氏は12月初旬、自公両党の推薦候補として名前が取りざたされたときには、芸能事務所を通じて「今回の府知事選で選挙関係者からの出馬要請はなく、出馬する意思は全くない」などと立候補を否定するコメントを発表していた。橋下氏を巡っては、自民党が11月の大阪市長選でも出馬を打診したが、このときは立候補を固辞していた。

 大阪府知事選では、3選出馬するとみられていた太田房江知事(56)が政治と金をめぐる問題などで出馬を断念。3日に、正式に不出馬を表明していた。



本当にアリエナイ!って言っていたように記憶しているが・・・

頑なに拒否していたように感じていたのは、それがしだけだったのか?


しかし・・・

橋下弁護士は、山口県光市の母子殺害事件の被告弁護団に提訴されていたよなあ〜。どうなったんだろう?


そして、裁判について知識不足だった国民に「弁護士に対し懲戒請求」する事が出来ると言う事実を公表した弁護士だ。


懲戒請求について・・・
これまでは裁判に負けた弁護士が、勝訴した弁護士に対して腹いせで行うくらいのものだったらしい。

それを、国民が請求できると言う事実を公表した功績を、それがしは非常に評価しておる。



弁護士とは依頼者の利益を優先するもので、国民感情を反映させるものでは無いと、他の弁護士から批判されていたのも事実。


きっと、国民感情にあわない弁護活動を、繰り返し行っている弁護士が多いんだろうと推測する。


もちろん、弁護士の仕事は依頼者の利益を守る事であって、国民感情を反映させるものでは無い。当然、正義の味方なんかじゃない。
悪党の弁護をする時は、法の知識を駆使して悪を守る悪党弁護士に変身するのだ。

それがしだってそれくらいの知識はあったのだが・・・。


弁護士会で大問題に発展した話題の中心人物が、大阪府の知事選に出馬すると言うことは、閉鎖的だった弁護士会に対し一石を投じる事になるんだろうか?


あまり関係ないような気がするぞ。


しかも弁護士会でも浮いた存在の橋下弁護士が、大阪府の首長になるって・・・・大丈夫か?



どちらにしても、選ぶのは大阪府民なんだから、それがしの出る幕は無いんだけどね。



でも、テレビなどでおなじみだけど・・・・

子だくさんの橋下弁護士が大阪府知事になったら

大阪府の少子化問題は解決するかも知れないなあ。

知事自ら率先垂範で「子どもを増やそう」「少子化是正」って運動を展開すれば、説得力あるもんなあ〜。
posted by 平成侍見習 at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治ニュース
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。