2008年02月08日

湯豆腐!

【スポンサードリンク】
それがしが好きな酒のつまみを紹介しています。

マグロのヅケ・イカの沖漬け・シロウオの踊り食い・・・ときて、なぜ湯豆腐のようにあまりにメジャーな料理なのか?


ガッカリした人も多いと思うが

湯豆腐を侮ってはいけない。


それがしは大の豆腐好きではあるが・・・・


ネットでブレークした男前豆腐なんて奴もあったが・・・

豆腐の原料の大豆!

大豆の産地の違いで、豆腐の味は大きく変わるようだ・・・

作り方にも、いろんな相違点があるだろう。


そんなめんどくさい理由は抜きで説明させて頂きたい。



20年ほど前になるだろうか?

京都・嵐山で食べた湯豆腐に感動し・・・

大の豆腐好きが、一番好きな豆腐料理は・・・湯豆腐!ってことになった。


それから試行錯誤を繰り返し、自分なりの湯豆腐を研究したが、未だにコレは!ってモノにたどり着かない。奥が深いのだ!

それがしの拘りといえるのは・・・

1.豆腐は地元産の大豆を使用した、地元産の豆腐を使う。
地産地消の意味もあるが、地元産がそれがしの身体に合うのだろう。
人間の体の大半は水分だと聞く、豆腐も同様に水分が多い!
地元産の豆腐なら、自分の体内の水分と同じ水分で出来ていると思うからって理由もある。


2.醤油

これは、普段使用している醤油がいい!違う銘柄の醤油を使うと味が変わるから・・・


3.ネギ
薬味のネギは、刻んで醤油の中にたっぷりと入れる。


ネギがたっぷり入った醤油を、温めて使用する。
これが定番です。


4.1人で食べる
純粋に湯豆腐だけを楽しみたい。湯豆腐で一杯やるときは絶対に1人で湯豆腐を味わう。


「酒の味は、一緒に飲む仲間の良し悪しで決まる!」


が信条のそれがしではあるが・・・

湯豆腐だけは別。


その味の繊細さゆえに1人で味わう。

湯豆腐を味わう時には、会話など味の足しにはならん。



シンプルな料理をシンプルに味わう。


鰹節もモミジオロシも必要なし!

地元産の豆腐・普段使っている醤油・ネギ・水・出し昆布だけで味わうのがそれがし流なのである。


posted by 平成侍見習 at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 酒のつまみ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。