2007年09月21日

民営化して・・・首都高速道路会社!

【スポンサードリンク】
民営化して・・・首都高速道路会社になっても、体質は全く変わっておらず、親方日の丸体質のままだといわざるを得ない。

首都高速道路会社は、割引のようなニュアンスを漂わせているが、実質値上げだと思う。

一律700円だった料金が、ETC利用者に限り400円から1200円となる。短い距離なら安くなるが、長距離なら500円も高くなる。

また、現金の場合一律700円が一律1200円で、500円もの完璧な値上げ。

しかも・・・首都高速は、さらなる割引制度を導入するために、公的負担による支援策も求めた。らしい・・・


実質値上げしておいて、公的資金も得ようという案を、発表するところなんて、名前が変わっただけで、中身は全く変わらず、今後も庶民の血税を吸い尽くそうという卑劣な連中だ。

民間の会社になったのだから、自主財源でやれよって思います。

「高速道路料金の引き下げ」ってよく言うよ。

実質は引き上げてるやんか。

1〜2区間だけ首都高速を利用する奴なんか少ないだろ!

こんな、案を発表して騙される奴がいるのか?

さらに、公的資金となると国会を通さないといけない。

議員が、こんなデタラメな案に騙されるとは思えない。

賛成する議員は、首都高速道路会社から利益供与を受けていると思うなあ。


首都高速道路会社から、不当な利益供与を受けている議員を、あぶりだす為の案か?

そんなわけないな・・・。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070920-00000137-mai-bus_all

首都高速道路会社は20日、08年秋に導入する新しい料金体系の距離別料金制の改定案を発表した。東京圏の場合、普通車は現行の一律700円(昼間)を改め、ETC(自動料金収受システム)を利用する場合は400〜1200円に、現金払いは距離に関係なく一律1200円とした。05年11月に初めて出した距離別料金制案の250〜1700円と比べ、長距離での上限額を抑えた。また、首都高速は、さらなる割引制度を導入するために、公的負担による支援策も求めた。【辻本貴洋】
 ◇変わらぬ国頼みの体質を浮き彫り
 首都高速道路会社が、新たな距離別料金制の提案に関連して公的負担を要望したことは、変わらぬ国頼みの体質を浮き彫りにした。首都高速の狙いは、道路特定財源による税収の一部を使って、割引制度を拡充することだ。しかし、これでは、野放図な道路建設の抑制のために、民営化で経済合理性を追求するという理念はかすむばかりだ。
 「公的負担はぜひ希望していきたいと考えております」。首都高速の橋本鋼太郎社長は会見で、期待を隠さなかった。昨年12月に閣議決定された「道路特定財源の見直しに関する具体策」に盛り込まれた「高速道路料金の引き下げなどによる既存高速ネットワークの効率的活用・機能強化のための新たな措置を講ずる」という文言を「錦の御旗(みはた)」にした要望だ。
 道路特定財源は08年の通常国会で、揮発油(ガソリン)税などの一般財源化を念頭にした関連法の改正を議論する予定。ただ、一般財源化を進めていた安倍晋三首相が辞任表明し、自民党内で道路特定財源の現状維持を図る「道路族議員」が息を吹き返しているのも、首都高速の要望には追い風となる。
 だが、旧道路公団の民営化の最大の利点は、約43兆円の債務を税金を使わずに減らすことにあったはずだ。割引制度に公的負担を使うことは、民営化の大前提を損なうことになりかねない。



posted by 平成侍見習 at 11:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。