2009年03月27日

なんという罰当たりな商品だ

【スポンサードリンク】


それがしは、キリスト教徒ではないのだが、ローマ法王には敬意を抱いている。

それがしは、日本の天皇、英国の女王、ローマ法王とは、世界中の人が敬意を表すべき人物であると思う。

歴史・伝統という観点から、それがしはそう思っている。

ちなみに、それがしはマザーテレサやガンジーさん、キング牧師をはじめ多くの先人たちを尊敬している。

伝統とは古めかしいイメージがあるが、長い間人々の尊敬を集めてきたという歴史、人々の心の支えだったという事を考えれば、敬意を表さぬ訳にはいかんと思う。

伝統を侮辱するという事は、自分達のご先祖様を侮辱するに等しい行為だし、ひいては自分自身を侮辱する行為だと思う。

このような商品開発には憤りを覚える。
それがしは、キリスト教徒ではないが、ローマ法王を侮辱するがごとき商品開発には断固反対する。


posted by 平成侍見習 at 12:29 | Comment(0) | 海外のニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。