2009年02月09日

美術とは・・・

【スポンサードリンク】

相変わらず、何を考えているのか判らない人たちです。

美術品に服を着せる事に対して、どういう意味があるというのでしょうか?

この行為は、政府に対する抗議というよりも、芸術を冒涜する行為だと思うのです。

そういう憤りを抱きながら「服を着せた美術作品が掲載されているブログ」を閲覧しました。


そして、自分自身が考えが浅かった事に気がつきました。

芸術を冒涜する行為だという認識は変わりませんが、服を着せる事で新たな芸術が生み出されるんじゃないか?という期待感が沸いてきたからです。

ポップアートとしてみれば、この服を着せた美術作品に可能性を見出す事が出来る。

まだまだ未完成ですが、妙に期待感が沸いてくるのはなぜでしょうか?



posted by 平成侍見習 at 17:09 | Comment(0) | 海外のニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。